面接で緊張してしまう人は…

人と話をするときには目を見るのがいいのか見ないのかがあります。

面接で緊張してしまう人は…
PAGE

面接ではしっかり前を向いて話をする

人と話をするときには目を見るのがいいのか見ないのかがあります。基本的には目を見るのがいいといわれますが、あまり見すぎるのもよくないとされます。見すぎると逆に相手を圧迫してしまうことがあるからです。商談などのときは適度に目線を外しながら重要なことを伝えるときにしっかりと見るようにします。じっと見る、少し外すをうまく使い分けることで目でのコミュニケーションをします。

面接の時にはどうすればいいかですが、基本としてはまっすぐ前を向き、面接官の目を見て話をするようにします。ただしあまり前ばかり、まっすぐ見てばかりいるとカチコチの印象を与えます。面接官が複数人いるなら適度に両方の面接官の方を向きながら話をします。話をする最初から目を見るよりも、最初は少し考えるふりをした方がいいこともあります。そして本題に入ってきてからしっかり前を向きます。

全く目を合わせられない、下ばかり向いている、別の方ばかりを見ているは論外になります。普段からあまり人の目を見て話すことができない人は訓練をしてみることができるようにしておいた方がいいでしょう。学生の場合は学校などで練習をさせてくれることがあります。学校の担当者だと会社の担当者と同じような雰囲気ですので練習しやすいです。

Copyright (C)2017面接で緊張してしまう人は….All rights reserved.