面接で緊張してしまう人は…

一口に面接といっても、新卒採用のための面接と転職のための面接は、2つの点で大きく異なります。

面接で緊張してしまう人は…
PAGE

新卒と転職では面接が違います。

一口に面接といっても、新卒採用のための面接と転職のための面接は、2つの点で大きく異なります。まず一つ目の違いは、やる仕事が決まっているかどうかです。新卒の場合、面接の段階では配属先が決まってないケースがほとんどで、内定が決まってから、適性などを考慮して配属先をきめるケースが多いので、特定の能力は問われません。

これに対し転職面接では、あらかじめ採用したいポストは決まっていることが多いので、この仕事ができる人材かどうかなど特定の仕事分野での能力・キャリアが重視されます。もう一つの違いは、転職の場合のみ会社を替える理由が問われることです。一度入った会社、就いた仕事を替える訳ですから、その意味と理由をちゃんと答えなければなりません。

転職の場合、募集職種や仕事内容があらかじめ明示されていて、採用側は「この分野のこの仕事をまかせられるか」という目で応募者をチェックしています。つまり、採用側に「この人になら任せられる」と感じさせることが転職面接で成功するポイントです。成功に近付くには、まず自分が「入社後にはどのように働くか」を具体的にイメージし、それを採用側に伝えられるように準備しておく必要があります。さらに前述したとおり、「会社を替える理由」もわかりやすくつたえる準備が必要になってきます。

話題になっている求人について、ユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017面接で緊張してしまう人は….All rights reserved.