面接で緊張してしまう人は…

転職面接で、採用側が最も気にするのは会社と応募者の間の接点です。

面接で緊張してしまう人は…
PAGE

3つの接点を面接でアピールすることが大事です。

転職面接で、採用側が最も気にするのは会社と応募者の間の接点です。具体的には、接点は3つあります。キーワードはそれぞれ「CAN・WILL・CULTURE」です。それぞれ採用側から見ると、CANとは「この応募者は、ウチの会社の任せたい仕事ができるかどうか」。WILLとは「この応募者は将来的に、ウチの会社で伸びてくれる人材かどうか」。そして、CULTUREは「社風や職場環境に合う人材かどうか」です。

面接官は、今までのキャリアや自己PRを聞くことでCANを、志望理由などからWILLを、回答の内容や全体の雰囲気からCULTUREをチェックします。そして、「CAN・WILL・CULTURE」を意識している採用側に対し、応募者もそれを意識して伝えていくべきです。まず、「自分はその仕事をできる」というCAN(現在価値)をアピールします。転職市場ではキャリアが重視されるのでCANは特に重要です。さらに「入社したらやりたいことや実現したいこと」といったWILL(将来価値)を提供します。CULTUREは話の内容や第一印象から御社に合っていることをアピールできればなおよいですが、無理に社風に合うキャラクターを演じなくても大丈夫です。

Copyright (C)2017面接で緊張してしまう人は….All rights reserved.