面接で緊張してしまう人は…

転職面接において、実は面接官のほとんどが面接のプロではありません。

面接で緊張してしまう人は…
PAGE

面接官は面接のプロではなく、現場の責任者

転職面接において、実は面接官のほとんどが面接のプロではありません。現場のリーダークラスの人、つまり応募者の上司になるかもしれない人が面接官になることが多いです。とくに、入れ替わりの激しい会社では、面接のプロどころか面接慣れしていない人が担当することもあります。

ほとんどの面接官は、面接に関する教育などうけたことのない素人です。これはつまり、プロのように応募者のキャリアやスキルを正確に判断し、自社との適性もズバリ見抜ける面接官はほとんどいないということです。それ故に面接慣れしていない面接官は、高圧的な態度で質問する、いわゆる圧迫面接をしてしまうことがあります。一方、転職の面接ではまれですが、面接のプロが応募者のストレス耐性をチェックするために行うこともあります。いずれにしても、応募者は決してイライラしてはいけません。例えば、「考え方が甘いのでは」などと問われたら「そうかもしれません、ただ〜」といったん受け止めてから、落ち着いて答えましょう。また、人間は印象に大きく左右されます。それは面接を担当する社員も同じなので、第一印象や面接の場での言動など、些細と感じることにも気を配ることも大切です。

話題になっている求人について、ユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017面接で緊張してしまう人は….All rights reserved.