面接で緊張してしまう人は…

面接官はよく「応募者には自分の言葉でありのままを話してほしい」といいます。

面接で緊張してしまう人は…
PAGE

面接で知りたいのは本当のあなた

面接官はよく「応募者には自分の言葉でありのままを話してほしい」といいます。応募者は面接のとき、多かれ少なかれ「採用されるような人間」を演じようとします。「こう答えたほうがいいだろう」「こういったほうが印象がいいはず」と考えて発言します。しかし、相手に100%合わせにいく姿勢ではPRしたいことが面接官に伝わりません。

どこかで聞いたことのあるような薄っぺらな言葉では「それはホンネではないのでは」と受け取られ、相手に響きません。企業の社長は、社員に「信頼感」を求めます。そのため、社長が同席することの多い最終面接では「ホンネで語れているか」がとくに重要になります。では100%ホンネで語ればよいかていうと、それもビジネスの世界では通用しません。例えば、「安定した会社で働きたい」と考えている場合、「安定企業だから志望しました」と語れば面接官には聞こえが悪いでしょう。しかし、その理由を隠し、ウケのよい言葉で取りつくろうとすると「自分の言葉」ではなくなります。大切なのは、その先の言葉。「なぜならば」と続け「安定した会社で働きたい理由」を語れば良く、ホンネだけを淡々と語るのではなく、そう考える理由をしっかりと伝えればいい訳です。

話題になっている求人について、ユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017面接で緊張してしまう人は….All rights reserved.